読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KITA Eng.

北海道でサーバー技術者として歩み出したひとが綴るblog。

さくらのVPS(Ubuntu14.04)にR Studioをインストールしてみた。

R Ubuntu 14.04 LTS R Studio Server

DBのお勉強していたらなぜか、R Studio Serverなんてものがあるよって、情報に行き着いた。 ちょっと面白そうだったので、諸々の試験用につかっているさくらのVPSに入れてみた。

公式のGetting Startedの通りにやっていけば特に詰まることなく、インストールから最初のアクセス確認まで行けるが、順を追って確認がてらメモしておこう。 support.rstudio.com

今回の環境・インストールしたバージョン

  • Ubuntu 14.04.3 LTS (GNU/Linux 3.13.0-68-generic x86_64)
  • R version 3.2.2 (2015-08-14) x86_64-pc-linux-gnu (64-bit)
  • R Studio Server 0.99.489 64bit (Released 2015-11-05)

概要

  1. R用のレポジトリ追加
  2. Rをインストール
  3. gdebi-coreをインストール
  4. R Studioをインストール

1. R用レポジトリ追加

https://cran.rstudio.com/bin/linux/ubuntu/README.html

レポジトリリストのファイルを編集する。
sudo vi /etc/apt/sources.list

ファイルの最終行に
deb http://cran.ism.ac.jp//bin/linux/ubuntu/ trusty/ を追加(14.04 LTSの人)。
Ubuntuのバージョンが14.04でなければtrustyの部分を、15.10の人は、wily, 15.04の人はvividt,12.04の人はpreciseにしてあげればOK。

sudo apt-key adv --keyserver keyserver.ubuntu.com --recv-keys E084DAB9リポジトリの公開鍵を追加

sudo apt-get update でエラーが出なければOK。

2. Rをインストール

sudo apt-get install r-base でR本体をインストール。

sudo apt-get install r-base-dev でRの各種パッケージインストールに必要なパッケージをインストールしようと、公式にはあるけど、R本体をインストールする時点で、一緒にインストールされました。されなかった人は、してあげましょう。

3. gdebi-coreをインストール

R studioはリポジトリには登録されていないようで、バイナリパッケージをダウンロードしてきてインストールする模様なのだが、そのときに、gdebiを使うとのこと。aptはリモートのリポジトリからだけしか依存関係を解決してインストールをしてくれないけど、gdebiを使うとローカルのパッケージを依存関係をうまいこと解決しながらインストールしてくれるんだとか。 launchpad.net

sudo apt-get install gdebi-core でインストールできる。

4. R Studioをインストール

適当なディレクトリにwgetとかでパッケージをダウンロード。どうせインストール終わったらゴミ箱行きだろうから、ホントどこでもいい。

wget https://download2.rstudio.org/rstudio-server-0.99.489-amd64.deb <--64bit
wget https://download2.rstudio.org/rstudio-server-0.99.489-i386.deb <--32bit

ダウンロードしたディレクトリでgdebiを使ってインストール
sudo gdebi rstudio-server-0.99.489-amd64.deb <--64bit
sudo gdebi rstudio-server-0.99.489-i386.deb <--32bit

これで完了!

R Studio Serverにアクセスしてみる

インストールが成功すると、R Studio Serverは勝手に起動して、Port 8787で接続を待ち受けている。

http://localhost:8787 とか http://www.exsample.com:8787 とかってしてブラウザでアクセスしてみる。

f:id:kacchan822:20151209204430p:plain

こんな画面が表示されれば、OK!Ubuntuへのログインに使っているユーザー名とパスワードでログインできるので試してみても良し。(どっちも平文で流れるので、インターネット経由だとなんだか気になるけど…)

接続できね!って言う前に、インターネット経由の人は、UFWとかiptablesの設定を確認しましょう。Port 8787空け忘れてません?

ちょっとした設定変更とかHTTPSアクセスへの対応とか…

インストールしたての状態だと、ローカルユーザーなら誰でもログインできるし、HTTPなアクセスなので……。セキュリティ的には、どうなんだか……な感じ。

R Studio Serverへのログイン専用ユーザーを作ったり、HTTPSでのアクセスを実現したりは、また後ほど。

■参考