KITA Eng.

北海道でサーバー技術者として歩み出したひとが綴るblog。

Django Class-based views でCSVダウンロードページの実装ではまったこと

公式ドキュメント Outputting CSV with Django | Django documentation | Django とか、GoDjangoの記事 Download CSV files via CSVResponseMixin - GoDjango とかあるからさくっと行けるだろうと思ったら、意外な落とし穴があった。

ダウンロードされるCSVファイルのファイル名をレスポンスヘッダーの"Content-Disposition“に入れてあげるのですが、Chromeさんだと特に何も考えず、

GoDjangoにある以下の書き方で、日本語名でも全く問題なく行ってくれました。

response = HttpResponse(content_type='text/csv')
cd = 'attachment; filename="{0}"'.format(self.get_csv_filename())
response['Content-Disposition'] = cd

が残念ながら、Firefoxさんだとファイル名を受け取ってくれません。 Google先生に問い合わせると、先人がいらっしゃいました(PHPでの実装だけど)。

scientre.hateblo.jp

比較的最近のブラウザでは RFC 2231 形式に対応しているので、通常はこの形式を使えば問題は少ないだろう。

ということなので、 RFC 2231 - MIME Parameter Value and Encoded Word Extensions: Character Sets, Languages, and Continuations を読んだつもりになって、「python rfc2231」とかってググると、 19.1.14. email.utils: 多方面のユーティリティ — Python 3.6.1 ドキュメント 使っとけって出てくるので、使ってみたら無事解決。

たぶん使いまわしがきくであろうMixiにしておいてみた。

UTF-8CSVをうまくExcelさんに読んでもらうためには、BOM付UTF-8にしないといけないらしく、それでも微妙にはまった(というのも↑Mixinは対応)。エンコーディング問題というのはどこへ行っても頭を悩ませる種ですね。。。